前へ
次へ

手洗いとうがいの習慣でインフルエンザ対策を

風邪対策には手洗いうがいが欠かせませんが、インフルエンザ予防にもなるのでこまめにすることです。1日のうちに無意識に何度も手を洗いますが、インフルエンザ感染からわが身を守るためにも、ことあるごとに手洗いをするようにします。学校や会社から帰宅した際はもちろんのこと、食事をする前やご飯を作る前にも、トイレへ行った後やくしゃみや咳をした後もです。何も考えないで手洗いをしていますが、この時期は正しい手洗いをマスターして実践するようにします。手洗いをする時には邪魔なものを外すので、指輪も腕時計も外しておくことです。爪が長く伸びているのは不衛生の原因となるので、衛生面を維持するためにも爪は短く切っておくようにします。両手を軽く流水での水洗いをしたら、ウイルス撃退のために石鹸で洗うことは欠かせません。手のひらや手の甲に指先や爪まで、石鹸をつけてこすり洗いをすることです。指は1本1本洗い、石鹸の洗浄成分を行き渡らしたら、汚れも石鹸も残さないようにすすぎ洗いをします。手を洗った後は濡れたままにしないで、清潔なタオルかもしくは、キッチンタオルやペーパーで水分を完全オフすることです。何度も1日のうちに手洗いをすることになるので、ハンドクリームなどを使っての潤いケアをすることも欠かせません。寒い冬の時期は手洗い頻度が多くなるので、好きな香りやメーカーのハンドクリームで、手の肌対策もしっかりと行います。うがいも手洗いとセットでするようにしますが、うがいさえしていれば感染をしないわけではありません。それでも手を洗ったらうがいをすることで、ウイルスの感染する確率を低下させる可能性が高まります。外から帰ってきたら手洗いをして、うがいをすることを習慣にしてしまえば、面倒な工程だと感じることもありません。帰宅をして行ったん座ってしまうと、立つのも麺免除へ行くのも億劫になるので、帰宅後はまず洗面所へ直行して手洗いうがいを済ませます。

名古屋市からナビジョンDRをお取り寄せ
受付はタガワデンタルクリニックの公式サイトをご覧ください

歯並びのご相談だけでも可能
矯正歯科治療に特化した広島市中区の南青山デンタルクリニックにお越しください

患者様の痛みに寄り添う
まずは辛い痛みについて早川接骨院にお聞かせください

Page Top